直野 章子(なおの・あきこ)

 

 

  所属

 

       九州大学大学院比較社会文化研究院教員

 

  専門分野

    

    歴史社会学、文化社会学、カルチュラル・スタディーズ

 

    研究テーマ  

      

  理論的には、記憶研究、トラウマ研究、ナショナリズム研究、実証的には原爆の記憶、被爆者援

    護制度の歴史、アジア太平洋戦争の戦後補償制度、戦死者慰霊

    

    最近の成果

 

        直野章子, 2010 『社会学事典』 丸善株式会社(共著)

 

     直野章子, 2010 「ヒロシマの記憶風景――国民の創作と不気味な時空間」『社会学評論』60 (4),

     500-516頁(単著)

    

    NAONO, Akiko, 2010, Transmission of Trauma, Identification, and Haunting: A Ghost Story

           of Hiroshima,” Intersections: Gender and Sexuality in Asia and the Pacific, No. 24,

     http://intersections.anu.edu.au/issue24/naono.htm(単著)

    

         NAONO, Akiko, 2010, Toward a Sociology of Trace (University of Minnesota Press)(共著)

 

     直野章子, 2011『被ばくと補償──広島、長崎、そして福島』 平凡社(単著)

   

    直野章子, 2012『津波の後の第一講』 岩波書店(共著)

            

    直野章子, 2012『戦争社会学ブックガイド──現代世界を読み解く132冊』 創元社(共著)

 

     直野章子, 2013『シリーズ戦後日本社会の歴史 社会の境界を生きる人びと──戦後日本の

       縁』岩波書店(共著)

     

      NAONO, Akiko, 2014, To See Once More the Stars: Living in a Post-Fukushima World , New

           Pacific Press(共著)

 

   その他の成果

    

              http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K002763/research.html