打越  正行(うちこし・まさゆき)

   

 

    所属

    

       社会理論・動態研究所 研究員

     

    専門分野

    

       下層若者の社会学
      暴走族、ヤンキー、沖縄

   

    研究テーマ

    

          大学院修士課程では、広島市のある〈暴走族〉について参与観察を行ない、〈暴走族〉

      をめぐる統制と抵抗のせめぎあいを分析した。博士後期課程では、同様の調査を沖縄で

      始め、彼らが生きる〈地元〉とその変化に注目している。

   

    論文

    

        打越正行,2008b,「仕事ないし、沖縄嫌い、人も嫌い――沖縄のヤンキーの共同体と

          ネオリベラリズム」『理論と動態』 1: 21-38

        ――2011a,「型枠解体屋の民族誌――建築現場における機械的連帯の意義」『社会

          学批評』別冊: 21-44

        ――2011b,「沖縄の暴走族の文化継承過程と〈地元〉――パシリとしての参与観察か

          ら」『社会学論考』32: 55-81

   

    口頭発表

  

       打越正行,2004,『〈暴走族〉をめぐる統制と抵抗』 第77回日本社会学会(熊本大学)

       

       ――2010,『沖縄の下層若者文化と〈地元〉概念』 第83回日本社会学会(名古屋大

     学)

       ――2011,『沖縄の暴走族少年たちの生きる地元――シゴキを通じた暗黙の定員制に

        みる排除と包摂の論理』先端社会研究所「セキュリティ/排除」プロジェクト第5回研究

        会(関西学院大学).

   

    その他

  

      「ストリート・ヴァンダリズム・参与観察」研究会報告 沖縄の暴走族とヤンキーの意味世界」 都 

    市下層問題研究会 沖縄の暴走族とギャリーの共同実践―今なぜ、沖縄で暴走がアツイの

    か? 走れない〈暴走族〉のブリコラージュ戦術

        

    Webサイト

    

       http://blog.goo.ne.jp/uchikoshimasayuki