宮内  洋(みやうち・ひろし)

 

 

    所属

 

       高崎健康福祉大学 人間発達学部

 

    専門分野

 

       発達研究・文化研究

 

    研究テーマ

          ヒトではなく、生身の身体を伴った、生活する人間を、同じく、生活する人間が理解する

      ということについて考え続けています。

 

    最近の著作

 

       宮内洋,2005,『体験と経験のフィールドワーク』,北大路書房.

 

       宮内洋・今尾真弓編,2007,『あなたは当事者ではない――〈当事者〉をめぐる質的心理

         学研究』,北大路書房.

 

       宮内洋・好井裕明編,2010,『〈当事者〉をめぐる社会学――調査での出会いを通して』,

         北大路書房.

 

       宮内洋,2000,「あなたがセックス・ケアをしない理由――福祉系専門学校における教育

         〈実践〉のエスノグラフィー」,好井裕明・桜井厚編『フィールドワークの経験』,せりか書

        房,226-244

 

       宮内洋,2008,「〈生活-文脈主義〉の質的心理学」,無藤隆・麻生武編『質的心理学講座

        第1巻 育ちと学びの生成』,東京大学出版会,191-215

 

       宮内洋,2012,「貧困と排除の発達心理学序説」,『発達心理学研究』,第23巻第4

         号,404-414

 

    口頭発表

 

       宮内洋「〈当事者〉研究における円錐形モデルの非現実性について-調査研究における

         〈当事者〉の混乱をめぐって-」,第83回日本社会学会大会(名古屋大学,201011

        月7日)

 

       宮内洋「フィールドワークにおける葛藤」,日本社会学会倫理委員会テーマセッション「フィ

        ールドワークにおける倫理問題」,第85回日本社会学会大会(札幌学院大学,2012

       113日)

 

    Website

 

        http://www32.ocn.ne.jp/~miyauchi/index.html