所員の活動  (2018)

2017年以前の論文・出版物は横のメニューから選択してください。

 


研究所所員の山口恵子さん、高畑幸さんが執筆された『産業構造の変化と外国人労働者――労働現場の実態と歴史的視点 (移民・ディアスポラ研究7)』(明石書店 2018年)が刊行されました。 ご一読をお薦めします。

 



研究所所員の吉田舞さんが、『先住民の労働社会学―フィリピン市場社会の底辺を生きる』(風響社 2018年)を刊行されました。 ご一読をお薦めします。

 



研究所所員の木下直子さんと猪股祐介さんが『戦争と性暴力の比較史へ向けて』(岩波書店 2018年)で執筆されました。 ご一読をお薦めします。

 



研究所所員の中田英樹さんが、『復興に抗する 地域開発の経験と東日本大震災後の日本』(有志舎 2018年)を刊行されました。 ご一読をお薦めします。