研究所の沿革

団体名: 特定非営利活動法人 社会理論・動態研究所

設 立:  2010年9月 (任意団体設立:1990年10月)

1990年     都市社会学研究所 (Urban Sociology Research Center)を設立し、研究会

        等の活動を始める(10月)

 

1994年     アジア社会学研究会で Cynthia D. Nolasco 著の論文 を翻訳・出版する。

                  (『フィリピンの都市下層社会』 明石書店 12月)  

 

2003年     『米澤弘安日記』(全4巻 大学教育出版)を復刻し、刊行する(12月)

 

2005年     事務所と研修所を新設する(4月)、研究所のホームページを開設する(5月)

 

2006年     事務所と研修所を移転する(9月)

 

2007年    1回研究所総会を開催(3月、以後毎年)、研究所の名称を社会理論・動態

                  究所(Institute on Social Theory and Dynamics) に変更する (5月)、

               Institute on Church and Social Issues (Ateneo de Manila

               University, Philippines) との交流を始める(10

 

2008年     研究紀要『理論と動態』創刊号を刊行する9 月、以後毎年)、大崎上島町の被

                 差別部落の調査報告書を提出する(9月)、St. Scolatica’s College

                (Philippines) の教員と学生を学術交流で受け入れる(9月) 

2009年     St. Scolatica’s College Philippines)の教員と学生を学術交流で受け入

                 れる(9月)

     

2010年     特定非営利活動法人として登録する(9)、 St. Scolatica’s College

                (Philippines) の教員と学生を学術交流で受け入れる(9月)、研究所を日本

                 学術会議へ学術研究機関として登録する(10月)                  

 

2011年     東京より研究員を受け入れる(7月-2012年3月)、研究所の研究者が文部科

                 学省より研究者番号を取得する(7月)  

         

2012年     文部科学省より研究所が学術機関(科学研究費交付資格団体)に認定される

                (3

 
2013年     文部科学省より科学研究費1件の配分を受ける、所員3名が研究分担者にな

               る、研究所のFacebookを開設する(10月)

 

2014年     文部科学省より科学研究費3件の配分を受ける(4)、臨時事務職員1名を迎

               える(4)、ホームページをリニューアルする(10月)、市民公開講座(現代社会

        学講座)を広島市の施設で始める(4月)