小早川明良(こばやかわ・あきら)

 

 

    所属

 

       特定非営利活動法人社会理論・動態研究所

 

    専門分野

 

       部落問題(近・現代)の研究

 

    研究テーマ

 

           権力論と国家論に基づいた現代の部落問題の研究。特に、被差別部落住民が一般大

      衆から差別を受け、双方が衝突する周縁的地域で新自由主義的権力がどのように機能し

      ているのか、の解明。

 

    著作

 

        「部落差別と教育に関する『定説』の批判的検討-いわゆる部落学校と権力(のテクノロジー)

          広島部落解放研究所『部落解放研究』  16  2010年 85-105

 

        「国民を自覚する装置――部落問題研究の新たな取組みのために」 社会理論・動態研究所

        『理論と動態』  2  2009年 76-93.

 

    1930年代山本政夫の思想?融和事業論文を中心として」広島部落解放研究所『部落解

        放研究』  14  2007年 3-20

 

       A Critical Consideration of Established Theory on "Buraku-sangyo -- Was 

         leather production a particular buraku industry? 

 

      A Summary of "Modern Buraku" after the Meiji Restoration -- Capitalism,    

         Militarism and Discrimination