吉崎  一(よしざき・はじめ)

 

 

    所属

 

       特定非営利活動法人社会理論・動態研究所

      松山大学大学院博士課程後期

 

    専門分野

 

        P・ブルデューをめぐる理論、現象学的社会学、(元)ハンセン病患者の社会学

 

    研究テーマ

 

       現在では、P・ブルデューの理論を使い、ハンセン病患者の分析を行っている。

 

    最近の著作

  

     吉崎 一,2014『ハンセン病療養所の将来──長島愛生園と菊池恵楓園の将来構想をめぐる

       比較分析』『部落解放研究』広島部落解放研究所 20号 99-111

   

     吉崎  一,2013『ハンセン病療養所で在日として生きること──A氏を事例に』松山大学論叢

       30号 89-110

   

   吉崎  一,2011『書評 福岡安則他編「栗生楽生園入所者証言集」』『解放社会学研究』日

   本解放社会学会 25号 133-142

      

       吉崎  一,2010「ハンセン病患者のハビトゥス──長島愛生園ハンセン病患者を事例として」『理

         論と動態』 3号 30-53頁

    

       吉崎  一,2009「ハビトゥス概念の構造構成主義再解釈試論」  西條剛央・池田清彦他編『なぜ   

         医療にとってメタ理論なのか』  3号  212-227頁

 

       吉崎  一,2008 「ハビトゥス概念の構造構成主義的再解釈──社会学における信念対立の解

         消向けて」『 理論と動態 1号 126-144頁

 

       吉崎  一,2007 「ハビトゥス概念と現象学──ブルデュー理論の再検討」  広島国際学院大学社

         会学部『広島国際学院大学紀要』  8号 39-52       

      

    学会報告

 

       2006.5「ハビトゥス概念と現象学──ブルデュー理論の再検討」  関西社会学会  第57回大会