中田 英樹 (なかた・ひでき)

 

 

  所属

   特定非営利活動法人 社会理論・動態研究所 研究員

        成蹊大学アジア太平洋センター客員研究員

 

  専門分野  

 

   農村社会学、農業経済学、ラテンアメリカ地域研究

 

    研究テーマ  

      

途上国周辺農村や世界的な大都市部問わず、社会の周縁部にて移動して生き延びている人たちの社会に関して、対象社会を行政的な地理的区分で切り取った地域社会ではなく、そうした移動する人びとの経験としての地域社会の研究とはいかなるものかを考えています。

    

    おもな業績

 

中田英樹20143月、「戦後近代民主化における『三界に家なし』農婦の土着』する主体 ─岩手県北の女性を綴った一条ふみの『その地に留まるということ』」、『PRIME(明治学院大学国際平和研究所発行)、第37号、明治学院大学国際平和研究所、査読有り、77-100頁(総118頁)Full Text URL: http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/bitstream/10723/2417/1/PRIME37_77-100.pdf

 

 中田英樹20133月、「新自由主義下の多文化グァテマラ現代社会と先住民女性 ─新たな底辺労働としての家事労働と伝統織物労働の再編をめぐる試論」、『PRIME(明治学院大学国際平和研究書発行)、第36号、明治学院大学国際平和研究所、査読有り、73-88頁(総89頁)Full Text URL: http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/bitstream/10723/1382/1/PRIME36_73-88.pdf

 

 中田英樹20133、『トウモロコシの先住民とコーヒーの国民 ─人類学が書きえなかった「未開」社会』、東京、有志舎、四六判、総308

 

 

中田英樹20123月、「世界経済危機以降の多文化主義日本地域社会をめぐる一考察 ─埼玉県上里町における日系ブラジル人の農業法人生産を事例として」、京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」、次世代ユニット共同研究『地域社会における在日外国人の多様化とネットワーク変容に関する実証的研究』、成果報告書、査読なし、34-53頁(総83頁)

 

 Elías, Silvel y Nakata Hideki (eds.) 2010. Sociedad íntima de campesinos indígenas e integración nacional del Estado capitalista: Un texto para el debate sobre el desarrollo rural en Guatemala para el siglo XXI, Guatemala: Serviprensa, p. 231.20104月、『先住民農民の親密な社会と資本主義国家統合 ─21世紀グァテマラにおいて「発展」を考えるための試論集』、Serviprensa、グァテマラ・シティ、Octavo版、総231)、Full Text URL: http://www.tierrascomunales.org/wp-content/uploads/2014/12/Sociedad_Intima_de_campesinos.pdf

 

 中田英樹22006228日、「グァテマラのマヤ系先住民と荒蕪地 ─現地調査の成立と『伝統的共同体』の分節に関する覚書」、『立命館言語文化研究』、査読なし、vol. 17no. 397-114頁(総253頁)Full Text URL: http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/kiyou/17-3/RitsIILCS_17.3pp.97-114Nakata.pdf

 

 

中田英樹200410月、「グァテマラのチェ─グァテマラの『春の十年』とエルネスト・ゲバラ」、『現代思想』、査読なし、10月増刊号、総特集=チェ・ゲバラ、青土社、2004年、136-148頁(総198頁)

 

 中田英樹2003831日、秋津元輝と第4章を共著「第4章 開発の功罪 ──発展と保全の相克」(中田は本章の第4節と第5節を担当、200-210頁が中田執筆該当分)、古川彰・松田素二編、『観光と環境の社会学』、新曜社、(シリーズ・環境社会学4、鳥越皓之企画編集)(総298頁)、執筆者は、古川彰、松田素二、山村哲史(他11名)

 

 

中田英樹2003324日、「ラテンアメリカ先住民社会への換金作物の浸透と地域変容 ─グァテマラ山間部のマヤ系先住民共同体におけるコーヒー栽培を事例として」、博士号(農学)学位申請論文、京都大学大学院農学研究科生物資源経済学教室、2003324日、総258

 

 

中田英樹20036月、「換金作物を栽培するマヤ系先住民の行動原理に関する一考察」、『農林業問題研究』、査読有り、第39巻、第1号、24-35頁(総372頁)Full Text URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/arfe1965/39/1/39_1_24/_pdf

 

 

中田英樹2002925日、「グァテマラ先住民共同体へのコーヒー栽培導入と地域社会の変化に関する事例研究 ─南部プランテーションへの出稼ぎ労働を手がかりとして」、『村落社会研究』、日本村落研究学会、査読有り、第9号、第1号、9月、23-34頁(総63頁)Full Text URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jrs/9/1/9_23/_pdf

 

 

中田英樹20025月、「グァテマラ・コーヒーと山間部の先住民たち─共同体への栽培導入をめぐる政治社会学的考察」、『ラテンアメリカ・カリブ研究』、査読有り、第9号、5月、38-49頁(総107頁)Full Text URL: https://lacsweb.files.wordpress.com/2013/04/9nakata.pdf

 

 

中田英樹2001325日、「開発理論としての《活性化》言説の構造分析試論 ─言説空間において住民はどのように主体たり得ているか」、『村落社会研究』、査読有り、日本村落研究学会、第7巻、第2号、3月、01-12頁(総63頁)Full Text URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jrs/7/2/7_1/_pdf

 

 

中田英樹1999325日、「農村活性化活動と地域社会運動」、『農林業問題研究』、査読有り、地域農林経済学会、第34巻、第4号、3月、202210頁(総234頁)Full Text URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/arfe1965/34/4/34_4_202/_pdf