『理論と動態』投稿規程

   

1. 本誌は、名称を『理論と動態』とし、原則として年1回定期刊行する。

  

2. 本誌に投稿する論文等は、他誌等に未発表のものに限る。また、他誌等との二重投稿

   は認めない。

  

3. 本誌は、特集論文・自由投稿論文・書評論文・研究ノート等を掲載する。

特集論文・自由投稿論文には英語論文も含まれる。

特集論文・書評論文は、編集委員会の企画に基づいて、原稿の執筆を依頼する。

自由投稿論文は、研究所員だけでなく、研究所の目的に賛同する者であればだれでも投稿できるものとする。

    

4. 自由投稿論文・研究ノートに投稿を希望する者は、指定された期日(毎年1031日締

   切り)までにエントリーを行うものとする。エントリーの方法は、エントリー申請書

  (「研究紀要」のページからダウンロード)に必要事項を記入したものを、郵送または

  子メールで編集委員会に送付するもとする。

   

5. 原稿の提出方法は、以下の規程に従うものとする。

  (1) 原稿は、図表等を含めた完成原稿でなければならない。

  (2) 原稿は、原則としてパソコンの Word 型式にて入力し、メールの添付ファイルによ

       り編集委員会に提出する。図表は、必要に応じて別途印刷したものを編集委員会に

       提出する。

  (3) 提出原稿には、600字の日本語要約、300語の英語要約、英語タイトル、キーワード

            3つ(日本語と英語)を添えなければならない。

  

 6. 原稿は、所定の執筆要項に従って執筆しなければならない。

  

 7. 原稿を投稿する者は、指定された期日(毎年331日締切り)までに提出しなければな

   らない。

  

 8. 原稿はすべて(特集論文・自由投稿論文・書評論文・研究ノート)、編集委員会が委嘱

     する審査委員が査読し、掲載の可否を判定し、また、修正等の指示を行うものとする。

  編集委員会は、これを受けて、掲載の可否を決定するものとする。

  

 9. 原稿ゲラの執筆者校正は2校までとし、その後は編集委員会によりチェックを行うもの

   とする。  

   

10. 論文等の投稿に関するやりとりは、すべて『理論と動態』編集委員会のメールアドレ

    スeditor@istdjapan.org)により行うものとする。

  

11. 本規程は、2007 923日から施行する。

              20081121日改定

          2013111日改定

       201431日改定

              20181210日改定 

『理論と動態』執筆要項

ダウンロード
「理論と動態」スタイルガイド.pdf
PDFファイル 331.7 KB